親子留学:オーストラリア留学 Kodomo.edu.net

オーストラリア留学 小学校 中学校 高校 大学 大学院 
語学留学 親子留学 短期留学 長期留学 
1名様から、オーダーメイド可能です!



オーストラリア留学にチャレンジ!
2017 留学





「親子留学」は主に母子留学を指しますが、最近はお父様を含めた家族全員での留学も増えてきました。
幼稚園生や中学生を抱えた留学は、大学生の単身留学とは異なります。

・英語を話せない日本人留学生の受け入れ実績がある学校はどこなのか?
・オーストラリアにいても日本語教育を続けたいと考えているが子供をどこに通わせれば良いのか?
・どの地域に住めば良いのか?文教地区はどこか?
・1週間でも留学できるのか?

等、多くの疑問があると思います。

弊社は、お客様に代わって様々なケースを交渉してきました。
ご不安や疑問に対して、ひとつひとつ対応していきますのでご安心ください。




弊社は直接各学校担当者に会い、学校を訪問することに努めています。
またクイーンズランド州私立学校協会やクイーンズランド州政府の方々にもアドバイスを頂き、複合的な意見を集めています。
日本人留学生率、大学進学率、留学生サポート体制など、多くの情報収集をしています。
留学先は、場所や偏差値だけで判断するのではなく、各留学生の個性に合わせて選ぶことをお勧めします。

留学中も、弊社は学校、ホストファミリー、ホームステイコーディネーター、留学生本人、保護者の方全員と密に連携し留学生活をサポートします。
思春期を迎えた留学生は、時に人間関係に悩んだり成績が落ち込んだりと悩みを抱える事もあります。
設定した目標を達成し、充実した留学生活を過ごせるようにしっかりとサポート致します。




「英語を習得し、世界に羽ばたくグローバル人材になってほしい」
「世界の多様性を学んでほしい」
お子さまの将来を見据え、親子留学を検討されるご家族がいらっしゃいます。
夏休み留学は、日常英会話教室に通うお子さまの能力を更に伸ばす絶好の機会です。

「MBAをとってキャリアアップを図りたい」
「オーストラリアに永住したい」
保護者の方がメインとなり、オーストラリアの大学や大学院に入学するケースがあります。
お子さまは扶養家族としてオーストラリアに滞在、留学する事になります。

目的は様々となりますので、それぞれのケースに合わせ保護者の方・お子さまにとって最適なプランをご提案しています。




保護者の方が大学等に進学される場合、学業と家事の両立にご苦労される方が多いようです。
大学生として大量のレポート提出、80%以上の出席義務、試験勉強など、勉強漬けの日々を送ることになります。

その一方、お子さまの往復学校送迎や父母会、日々の家事など、保護者としてやらなければいけない事もあります。
そうしたご負担を軽くするために、弊社ではそれぞれのニーズに合わせたサポート、例えばベビーシッターのアレンジ、家庭教師のアレンジなどを提供しています。




永住ビザ取得を目指している方や保護者(ガーディアン)ビザなどお考えの方は、弊社ビザコンサルタントにご相談いただいてます。
複雑なビザ関係をしっかりサポートしてくれる、移民法コンサルタントです。

また、長期留学の場合どこに住むか、というのは大きな問題です。
日本でも地域ごとに特色があるように、オーストラリアでも土地ごとに特色があります。
中華系の人々が集まるチャイナタウンや、ギリシャ系移民が集まる地区など様々です。
日本にいてはなかなか分からない移民分布も、現地不動産仲介会社は詳細を把握しています。
不動産(賃貸・購入)を検討される場合、信頼できる仲介会社をご紹介しています。

更に在クイーンズランド州の日本人弁護士・会計士のご紹介も可能です。
留学生活中トラブルに見舞われた際、心強い存在です。

多くのプロフェッショナルが必要に応じ皆様のオーストラリア留学生活をサポートできるよう、ご紹介いたします。

LinkIconオーストラリアQLD州 こども留学・親子留学お勧め学校リストからどうぞ

★★個別ご相談★★

・小学生・中学生・高校生・大学生の単身留学・親子留学プログラム
・キャンペーン価格のご案内